建設業許可

施工管理技士試験改正で出題内容も変わる?

建設業を営む方にとっては、主任技術者となるための資格として多くの方に馴染みがあると思われる「施工管理技士」ですが、試験制度の改正が行われ令和3年度より取り扱いが変わります。 今回は制度改正後における資格の取り扱いについてと、試験内容...
建設キャリアアップシステム

経営事項審査|CPD?CCUS?新たに追加された項目

令和3年4月1日より経営事項審査の改正が施工されています。 これに伴い申請書の様式、確認書類等も変更があっていますので、今後申請を予定している方はご注意ください。 いくつか改正があっているのですが、その中で今回新設された項目に...
公共工事

公共工事|施工計画書と総合施工計画書の違いって?

公共工事における提出書類の中で、「施工計画書」があります。 この施工計画書ですが、単に「施工計画書」と呼ばれるほか、「総合施工計画書」、「工種別施工計画書」と呼ばれるものがあります。 それぞれに違いがあるのでしょうか。 ...
公共工事

公共工事の受注をメインに考えるなら配置人員育成も必要

民間、下請け工事より公共工事の割合を増やしていこう。 公共工事をメインにやっていこう。 今後の方針として、上記のように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は人員の面から見た、公共工事を受注するうえで注意...
公共工事

公共工事|工事成績評定と点数

現在、多くの公共工事において「工事成績評定」が実施されています。 これは公共工事の品質確保を目的に、施工体制、施工状況、出来栄えなど多くの項目についてチェックを行い請負業者の能力を数値で表すものです。 簡単に言うと施工現場にお...
建設業許可

建設業許可|建設業法改正後の経営業務管理責任者

令和元年6月に建設業法の改正がなされ(令和元年6月12日交付)、我々行政書士や建設業界で注目されました。 この改正建設業法は順次施行されていくことになっており、この中でも今年(令和2年10月1日)施行される部分については直接許可要件...
公共工事

建設現場で求められる新型コロナ対策

手探りの戦いが続いているといっていい新型コロナウィルスですが、建設業においても大きな影響を与えています。 公共工事、特にインフラ整備については社会的影響もあるため、「継続を求められる事業」として位置づけられています。 実際に各...
建設キャリアアップシステム

建設キャリアアップシステムの一部業務が停止となっています

2020/04/18追記 ホームページの案内によると、令和2年4月20日より窓口での受付を除いた業務が再開されます。 建設キャリアアップシステム業務状況 現在、新型コロナウィルスの影響により一般財団法人建設業振興基金...
建設キャリアアップシステム

建設キャリアアップシステム登録方法|技能者登録

前回のコラムに引き続き建設キャリアアップシステム登録方法について解説いたします。 今回は技能者登録についてです。 解説は最も実例が多い、事業者が技能者を代行してインターネット申請を行う場合を前提としています。 事業者登録...
建設キャリアアップシステム

建設キャリアアップシステム登録方法|事業者登録

今回のコラムでは建設キャリアアップシステムの事業者登録申請について解説いたします。 解説は最も利用者が多いインターネット申請を前提とさせていただきます。 すべての項目について一つ一つ説明するのは困難ですが、内容と、注意点等につ...